石狩たんぽぽ認定こども園

健康管理について

病気の時の登園については、下記のように考えていますので、ご協力をお願いします。

  • 発熱
    熱のある時(37.8℃~)は自宅静養してください。
    保育中に37.5℃以上の発熱、もしくは食欲がなく、機嫌が悪い状態であれば、連絡致します。
    なお、両親ともお迎えができない時は、保母に相談して下さい。

  • 園での投薬は、原則として最小限度にとどめます。
    座薬で熱を下げての保育はしません。
    医師から投薬の指示があった場合、必ず、処置法を記入し、記名の上、1回分のみ容器(袋)に入れて保母に直接、渡して下さい。
  • 疾病
    はしか、水ぼうそう、結膜炎、悪性の皮膚病など、感染率の高い疾病については、自宅静養し、医師の許可があるまで登園しないでください。(伝染病での登園は医師の許可が必要です)